US EPA TO-15 / 15A機器の概要

US EPAメソッドTO-15またはその最新の更新バージョンTO-15Aは、米国で最も受け入れられているラボVOC分析メソッドです。 サンプルの収集、準備、分析の詳細な手順を提供します。 詳細については、メソッドをダウンロードできます。

参考のためのアプリケーションノート

下の写真は、TO-15メソッドに基づく典型的なラボ機器の構成を示しています。

TO-15VOC分析用のNutechInstruments

2703自動サンプリング装置

3610オートサンプラー

8910プレコンセントレーター

2104キャニスター洗浄システム

Nutech 2104キャニスタークリーニングシステム

2203プレシジョンスタティック希釈器 

Nutech2203精密静的希釈器
Nutech 8910 VOC分析用の周囲空気予備濃縮装置_2

Nutech 2703自動空気サンプリング装置

Nutech 2703自動サンプリング装置は、自動空気サンプリングに最適な製品です。 標準の環境試験、科学研究、およびサードパーティの監視に役立ちます。 機能には、統合タイマー、流量制御、圧力測定、リークチェック、自動QA / QC、完全なシステム制御にアクセスできるスマートフォンアプリが含まれます。

以前の2701と比較して、更新された2701は、現在のリミッター、タイマー、真空圧力計をXNUMXつのコントローラーに統合し、市場で最も先進的な空気/ガスサンプラーとなっています。

詳細はこちら
Nutech 8910 VOC分析用の周囲空気予備濃縮装置_2

8910プレコンセントレーター

Nutech 8910プレコンセントレーターは、Nutechのクラシックモデル8900DSの後継です。 これは、米国EPAメソッドTO-14AおよびTO-15Aに記載されている揮発性有機化合物(VOC)の分析のための独自の機能を備えた最先端のハードウェアとソフトウェアを備えています。 Nutechの周囲空気予備濃縮装置の開発では、機能性と寿命が主な目標でした。

環境モニタリングステーション、サードパーティの試験機関、大学、研究機関、および関連会社で広く採用されているVOC分析での周囲空気サンプルの事前濃縮に適しています。

詳細はこちら
Nutech 3610オートサンプラー2

3610オートサンプラー

Nutech 3610オートサンプラーは、Nutechの自動分析機能をさまざまな真空サンプリングキャニスターとTedlar®バッグにもたらす16の入口位置を備えています。 3610オートサンプラーは、米国EPA TO-8900A、TO-8910A、中国EPA HJ 14-15およびHJ 759-2015要件を備えたキャニスター内のVOCの自動分析のために、1078DS / 2019プレコンセントレーターに簡単に接続します。

詳細はこちら
Nutech 2104キャニスタークリーニングシステム

2104キャニスター洗浄システム

キャニスターの清浄度は、サンプル中のVOCの検出の全体的な精度にとって非常に重要です。

EPAメソッドTO-14AおよびTO-15では、サンプリングデバイスをサブppbvレベルまでクリーンダウンする必要があります。 新しくリリースされたEPATO-15Aは、15年に公開されたTO-1999よりもキャニスターの清浄度に関するはるかに厳しい要件を規定しています。0.2psigで30 ppbvから0.020psigで≤20ppbv(≤0pptv)です。 2104キャニスター洗浄システムは、これらの要件を満たすのに適しています。 さまざまなサイズ(1/3/6 / 15L)のSUMMAキャニスターやテドラーバッグの洗浄が可能です。

詳細はこちら
Nutech2203精密静的希釈器

2203プレシジョンスタティック希釈器

Nutech 2203精密静的希釈器は、高濃度のガス標準を低濃度の作動ガス標準に希釈するのに適しており、プロセスを自動化して再現可能にします。 実験室の標準ガス構成で広く使用されています。

2203は、高濃度ガスサンプルを希釈して分析機器の校正範囲内に収めるのにも適しています。

詳細はこちら